新卒
ENTRY
中途
ENTRY

飲食業界の新常識を創っていく

WORLDsは日本料理の店舗を展開しています。

日本料理は無形文化遺産に登録されました。
多様で健康的、自然の美しさや季節の移ろいの表現、行事との関わり…
それらは人の手と感性で生み出されるものです。
AIにより仕事がなくなっていくなかにあって、日本料理は面白いコンテンツです。

一見すると日本料理の世界は古風で、閉鎖的とも言えるでしょう。
しかし実際にはいろんなルーツを持った人が働いています。
様々な個性を持った人が集い、協力し、競い合う。
だからこそできることがある。

それぞれの世界観を活かし、日本料理を新たなステージへ。

信頼を築く

美味しいお料理はもちろんのこと、心地よい接客、店内の環境、季節感の演出など、まだ出来ることはないかを考え抜く。 お客さまのご利用シーンは様々。 その状況に応じたサービスを安定して提供する。 「この店になら安心できる」そう感じていただけてはじめて信頼は築かれる。

ひとつでも多くの信頼を築き、その信頼に応え続けること、 それをWORLDsでは最も大切にしています。

垣根を超える

ホールは接客だけ、厨房は調理だけに責任をもって取り組む、それが日本料理界の常識。 しかしほんの一歩自分のテリトリーを越えた仕事をする意識を持ち続けると、驚くほど自分の世界が広がる。 お互いが歩み寄ることで、店の世界観が新たにされていく。

ホールも厨房も関係ない、それがWORLDsの信念です。

挑戦し続ける

間違っても失敗しても、ダメならすぐに変えればいい。 失敗を恐れて何もせずにやり過ごすことはあり得ない。 苦手なことを克服する挑戦、得意なことを極める挑戦も大歓迎。 仕事を作業にせず、変化を楽しみ、挑み続ければ世界が広がる。

どんなに小さなことでもいい、とにかく挑戦し続けること、 それをWORLDsでは期待しています。